スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

原油も高いし 3ペア・・・

とにかくガソリンが高いし、まだまだ高くなる・・・
製油会社が設けているという噂話は、業績結果でマイナス成長となった。
つまり、利幅減少に原油高では設ける場所が何処にもないという事になる。
世界情勢も後押しとなり、お盆円高確率が久々に覆す形となっている。

ちなみに、ドル円は8月に入り月足S1(101.44)と今月最安値101.50が限りなく近い、
その後ピボット(102.28)まで戻って現在102.50のたった100P程度の値動き。

7月の高値103.07、5月の高値103.00は目先のターゲットでもあり三回目のトライだ。
失敗すればトリプルトップの様相となり、、再び101.00からのレンジ確率が高い。

ブレイクすれば、今年の高値からトレンドラインをしっかり上に抜けたと解釈する
トレーダーも多々いるかもしれない。

ユーロが売られている状態でのドル円上昇となれば、ユーロ円の上昇は
あまり期待ができないが、単純なドル買いであるならば反撃伸び率はでかい。
ドルスイスは既に上昇開始という段階であるがゆえに・・・

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年08月15日 有料記事 トラックバック:- コメント:-

<< ちょっとしたシナリオ・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | ユーロドルのトライアングル・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。