スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ドルドルドルってさぁ・・・

先週週間ピボットを付けなかったペア

ドル円
ドルスイス

先々週ピボットを付けなかったペア

ドルスイス
ユーロドル

ドルスイスに至っては、2週連続ピボット達成成らずという事で、
3週連続達成できないという確率は、33%以下という数値がある。
つまり、元のトレンドに戻るとしても一度はドル売りが来るという事。
という事は、必然的にユーロドルも反発戻りがあり、場合によっては
急激な戻しでピボット数値を遥かに超える可能性も秘めている。
ドルスイスは40P程下、ユーロドルは130P以上上にある。

ユーロドルの再急落からの38.2%戻しは1.3010で、50%戻しは1.3036。
金曜日はが日足インサイドバーとなっているので、そんな簡単に売れない。
先週の安値を割れて来たら加速するであろうというのは誰でもわかるので、
金曜高値1.2986をクリアできるのであれば短期ユーロ買いは面白い。





にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年09月08日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 2週間連続ピボット未達成も、短期売買では・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 色んな可能性・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。