スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

先週のトレード結果より来週・・・

  【 先週の有料記事結果 】  

1.2650買い予約、ストップ1.2600
約定して1.2700以上で価格推移続けば段階的に追加します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久々にトレード詳細・・・
とはいっても、サポートはバックドラフトのシグナルで、
基本的なトレードはフィボナッチとピボット。
そんでもって自分のインジケーターnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTFnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com

下記にチャートがありますが、久々に説明を・・・
戦略自体は1.2650買い予約でストップ1.2600がスタート。
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTFnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.comそのものは、
売買シグナルではないが、価格は常に中心値(黄色)に向かおうとする性質があるという事。
その上下にあるラインは、フィボナッチとピボットを融合して算出しているものです。
ちなみに、大きな流れをいる時は通常のパラメーター3ですが、普段は
パラーメーターは当日分の1という設定です。
一応ルールとしては
①黄色より上で推移している時のバックドラフトは買わない
②黄色より下で推移している時のバックドラフトは買い
サポートは、カテゴリを設けてお墨付きのバックドラフト

月曜1.2650買い約定、深夜というか朝方にバックドラフト1.2685買いシグナル点灯、
黄色より上なので買わない。

火曜は何もなし
水曜1.2660買いシグナル点灯、黄色より下なので買い。
木曜1.2765買いシグナル点灯、黄色より下なので買い。
金曜1.2808売りシグナル点灯、黄色より上なので売り。

つまり、1.2650/1.2660/1.2765の買いを保有して、
金曜日の売りシグナル12808で利食いするという簡単なトレード。

売りで入る場合は①②が逆になるという事です^^

あえて言うならば、雑念がなく丁度一週間を一画面で見るには
30Mチャートが一番見やすいかなと個人的に思います。
15Mだと短期すぎるし、1Hだと2週間分表示されちゃますからネ。

20141018220118.png



続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年10月18日 有料記事 トラックバック:- コメント:-

<< 年末に向けてオージーが面白い・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 日足のはらみ線は本物か・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。