スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

何処で引けてもドル円は・・・

劇的な金融緩和で、ドル円の月足レジスタンスラインが突破されました。

下記は月足ドル円ですが、この状態で終わると完全なる上げ相場確定の、
大きな下髭で終了すると思われるので、売る行為は殆ど無意味でしょうね。
20141031194729.png

ここから色んな考えが多々あるでしょうが、自身は毎度同じ方法で考えます。
どの時間軸でも同じなんですけど、トレンドラインブレイクに対するフィボナッチは、
頂点からブレイクポイントでアプライするという形で珍しいかもしれません。
第一ターゲットは115.67という数値で順番に価格が見えます。
戦略なんかとても簡単で、押したら買うというスタンスで日々回転させる感じ。
買って放置するサブプライム以前の時のようなトレードはしないというのがルールです。
20141031195408.png

そう考えると、ユーロドルの出遅れ感がすごく楽しみで、やはりオージードルドルも楽しみ。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年10月31日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

<< 11月第一週は・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 年末に向けてオージーが面白い3・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。