スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

11月第一週は・・・

週間ベースではこれ以上のサプライズは無いであろうと考えます。
したがって、月末終値を待たずに週足も殆ど同じ形で終わるでしょう。

羽黒法では・・・

ドル円:
(2)号線 大陽線(陽線実体の中心=中心値)
2週連続:上昇力はなお強くなるとみて買い増

ユーロドル:
(10)号線 大陰線(陰線実体の中心=中心値)
始値が中心値以下で、高値・中心値を上抜けて買い
前週線が長大で、本線が孕んだ場合:強力な買い線

または、安値更新で終値を迎えると、
(12)号線 陰の大引け坊主(中心値が陽線実体の中)
強力な売り線:次週の始値売り⇒大幅利食い

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年10月31日 多通貨テクニカル トラックバック:- コメント:-

<< 怒涛の円安街道まっしぐらに危険信号?・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 何処で引けてもドル円は・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。