スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2014年高値更新はないと仮定して・・・

2014年は殆ど終わりですね。
今年半分からは、ドル円とユーロドルばかりトレードしていたので、
経済指標の時間程度は把握していますが、基本的にチャートトレードなので、
他のペアは全く見ていない状態ですが、別に気にしていません。

ドル円ですが、もう今年の安値の更新は100%ないですね、
高値の更新はどうでしょうか?
今から現在の119円ミドルからで年末買いを保有する程チャレンジャーな
大口投資家など殆どいないでしょう。
逆に、今年の利益を年始に決済して、2016年の税金に持ち越す
事を考えている方々の方が多いはず。

という事は、年末上に行くようだと年始には利益確定がずらりといる。
逆に、だらだら落ちていくようだと年始に利益確定をする。
個人的には、122円以上の円安になるには季節がら絶対に押し目が必要。

下記ドル円日足チャート
黒=2014年フィボナッチ(121.84高値とした場合)
青=最初の押し目105.19から121.84
赤=121.84から115.55
上記は確定しているもので、クリアできていないものは
2015年も引き続き有効とみている毎年年末に考えるチャートです。
20141221165729.png

巷では大体同じ事を考えているのでしょうが、121.84高値からの61.8%戻しの
119.44でひとまず戻りは達成しているという解釈でしょう。
明日からの一週間で上に飛んだら120円台では利食いが出るか、
118.70付近を割れてしまうと、年始を待たずにじりじり落ちていく。
年始早々1/5の本格スタート時には大きな動きが交錯するでしょう。
買い戻されたとしても、一度は利食いという円高が必ず待っているでしょう。
円が買われているという感覚ではなく、ドル買いの利益確定という考えで、
2015年も構えているのが無難な感じ。

明らかなトレンドラインは105と115で結んだ上昇トレンドライン。
実は、このラインと平行に走っているのは11月窓開け上昇と同じ。
最後に、レジスタンス突破ラインは青の破線である。
20141221172120.png

上記チャートの綺麗にはまっている上昇ラインは、
実はフィボナッチチャンネルと綺麗に合致している。
20141221172438.png

つまりこうだ!
上昇トレンド中であることは間違いないので、121.84は上に抜けると考え、
目先のフィボナッチターゲットは124円、その後121.84がサポートとなり、
次なりターゲットは105円からの1.5倍、2014年の1.382倍の、
ラインが重なる130.10がターゲットであり強いレジスタンスとも考える。

逆に、下部サポートラインを割れると一旦押し目が強くなり115.48付近で
サポートされてダブルボトムとなるか、111.55の105円からの61.8%戻しが
フィボナッチ的数値となる。

2015年は上記チャートのチャンネルと105円と121.84のフィボナッチを
ベースに見ていくことで、大きな流れを見ていくことができるのではないでしょうか。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年12月21日 ドル円 トラックバック:- コメント:-

<< 黒田バズーカで円安倒産相次ぐ・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 2015年ドル円は何処へ・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。