スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

黒田バズーカで円安倒産相次ぐ・・・

円安倒産が相次ぎ2015年も円安が継続すると・・・
というニュースと記事、そして、経済雑誌等でも取り上げられています。

さて、2013年年末の各社予想を振り返ってみました。
つまり、2014年相場を予想したという事ですが・・・

JPモルガン=100円~106円
ゴールドマンサックス=98円~110円
シティバンク=100円~108円
東京三菱UFJ銀行=96円~110円

黒田バズーカがなければ予想通りというのが逃げ道のようですが・・・

チャート的にみるとどうでしょうか?
単純にペナントが発生した2013年ブレイクは11/10という事になり、
定義でのペナント値幅測定値は109円前半ですが、このポイントは
今年の9月の一旦高止まりになった場所と合致している。
その後、105円までの戻りは2013年高値でサポートされた形となった。
その後、1.382倍、1.618倍とクリアしていき、今年の高値からの戻りサポートは
ペナントブレイク1.618倍がサポートとなって、今年の年末を迎えている事になる。
フィボナッチ数値的にも2013年相場からのラインがまだ有効と言えるでしょう。
やはりチャートは日足以上で見ないと大きな流れは見えてこないものである。
上昇トレンドラインが継続していくのであれば、次は126円が見えてくる。
来年、121.84高値を超えることがなければ、簡単なフィボナッチが引ける。
こちらも、定義では38.2%戻しでサポートされて上昇というパターン、
この場所はペナントブレイク1.618倍と価格が合致した。
つまり、115.ミドルまでの押しは許容範囲であると言える。
ここでサポートされれば、ダブルボトムと重なり、126円以上が見込める。
他にもフィボナッチ数値と合致するポイントが多々ある事がわかる。
大きな流れの上昇トレンドラインはピンクで間違いないであろう。



しっかり休んで5日から様子見でスタートするのが安全と言えば安全だが、
週足の下ヒゲPINバーが年末閑散相場でも生きているのであれば、
明日、ストンと下に窓を開けるようならば何処かで買えるのではないでしょうか?
20141225223809.png

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2014年12月25日 FX日記 トラックバック:- コメント:-

<< 今年を締めくくった・・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 2014年高値更新はないと仮定して・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。