スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

のびたのインジケーターとシグナル・・・

のびたのインジケーターはピボットとフィボナッチをMIXした感じです。
FnobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF

* 標準パラメーターは3日間の平均設定です。
* 自身は使用時には当日分として、パラメーター1に変更しています。
* 上記設定ですと、黄色は当日のピボット表示となります。

ピボットスタートの日は上下どちらかに放たれるというのは
ピボットトレーダーなら誰でも知っている事でしょう。
そこで、表示される放れ最大値をフィボナッチで表示してあります。
価格は常に中心値に戻ろうとする性質があります。
この確率はピボット到達確率とほぼ同じです。
したがって、標準パラメーターでの数値でも同じです。

自身は、バックドラフトPROと併用して使用していますが。
したがって、中心値スタート日に発生したシグナルの通りに
トレードをして、利食いをインジケーターにするという感じです。
バックドラフトPROでの利食いポイントでもかまいませんが、
第3ターゲットより、第2ターゲット利食いの方が良いかもしれません。
自身は15Mで使用していますが、5Mでもかまいません。
個人的にはスキャル的な5Mでは早すぎてやりにくいので、
15Mだと余裕を持ってトレードできると思っています。

今年の各ペアを参照してみましょう。

ユーロドル:年末から売れ売れとシグナルが発生しています。
20150106215835.png

オージー円:一発売りのシグナルが点灯してから
次のシグナルまで120Pの利益
20150106220316.png

ユーロ円:怒涛の5連続売りシグナルで、全て第3ターゲットクリア
20150106220604.png

ドル円:年末の買いシグナル持ち越しは、2015年スタート・・・記事の通り、
その後120.70売り予約も記事通りヒットして4連続売りシグナル。
20150106221108.png

色々考えるのは苦手なので、チャートだけみて判断するスタイルは
ブログ開設時から今でも変わっていないのがいいのか悪いのか^^;

さて、人気のあるドル円なんかは上昇トレンドラインとフィボナッチの日足サポート118.69を本日タッチしましたが、NY時間に反発があるでしょうか?119.35まで戻れば叩かれるでしょうか?それとも足をのばして次の目標値117.95まで?はたまた、ここぞとばかりに落ちてくれたと海外勢は思いっきり買ってくるでしょうか?色々考えてもさっぱりわかりません^^; やっぱり自身はシグナル通りと、サポートレジスタンス、フィボナッチでいいや・・・

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
Pivot到達高確率に注目し、フィボナッチと融合した戦略インジケーター
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF
nobitaPivot_nD_HL_MTF/nobitaPivot_nD_ExFib_MTF | fx-on.com
上下放れとなった場合でも統計的に最大3日程度で、バランスポイント黄色に価格は戻る確率が70%以上です。したがって、ライン上下最大4本目が当日の値幅最大値(パラ1)であるという事を加味して中心に向かうポジションを保有する。

2015年01月06日 インジケーター トラックバック:- コメント:-

<< 日足50MAとの不思議なお話し・・ | FX のびたくんのなんとなくテクニカルTOP | 年始から売りシグナル連発・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。